Steps



vol.27 収益や費用のいろいろ

会社やお店がどのぐらい儲かったのか、その経営成績を表すための「収益と費用」!どんな勘定科目があるのでしょうか?簿記や会計をやっていてよく登場するものを一挙に紹介いたします。
それぞれ、どんなもので、どんな時に使うのか、しっかり理解!

 

収益のいろいろ

収益とは、商品やサービスの提供などにより、会社やお店の資産が増加した要因のことです。

財産が増えたら、それは収益! 商品やサービスなどの提供が実現したタイミングで発生を記録します。
ちなみにお金を受け取ることを「収入」といいますが、収入のタイミングではないというのがポイントです!(収入と収益は意味が違う言葉ですので、区別して理解してくださいね。)

損益計算書の貸方(右)がホームポジションです。 その勘定の残高が増加するなら貸方に、減少するなら借方に記入します。

 

勘定科目 読み方 内容
売上 うりあげ

商品やサービスの提供により得た収益

受取家賃 うけとりやちん 建物を人に貸すことにより得た収益
受取地代

うけとりちだい

土地を人に貸すことにより得た収益
受取手数料

うけとりてすうりょう

手続きや仲介を行うことで手数をかけたことに対する報酬として得た収益
受取利息

うけとりりそく

預金や貸付により発生した利息を受け取ることにより得た収益
固定資産売却益

こていしさんばいきゃくえき

土地や建物など固定資産を売ることにより生じた儲け(利益)

 

 

費用のいろいろ

費用とは、収益を生み出すため、既に役目を果たしてくれたもののこと。

発生したタイミングで記録します。

損益計算書の借方(左)がホームポジションです。 その勘定の残高が増加するなら借方に、減少するなら貸方に記入します。

 

勘定科目 読み方 内容
仕入 しいれ

商売や事業のメインとなる商品の購入により発生した費用

発送費 はっそうひ 商品を販売したときの発送運賃
給料

きゅうりょう

従業員などへの給料、手当
広告宣伝費

こうこくせんでんひ

事業や商品を広く知ってもらう目的で宣伝するための費用(CM制作、チラシ、ポスター、看板など)
支払手数料

うけとりてすうりょう

手続きや仲介を行うことで手数をかけたことに対する報酬としての費用
支払利息

しはらいりそく

借入により発生した利息
旅費交通費

りょうひこうつうひ

従業員の出張など、移動や宿泊のための費用
接待交際費

せったいこうさいひ

お客様や取引先におもてなしするための費用
通信費

つうしんひ

通信のための費用(電話代、スマホや携帯、インターネット、郵便切手、ハガキなど)
消耗品費

しょうもうひんひ

すぐに使い切るもの。もしくは安いもの。(コピー用紙、筆記用具、蛍光灯、トイレットペーパーなど)
諸会費

しょかいひ

組合や自治会などに支払う諸々(もろもろ)の会費

支払家賃

しはらいやちん

建物を人から借りることにより発生した費用

支払地代

しはらいちだい

土地を人から借りることにより発生した費用

水道光熱費

すいどうこうねつひ

店舗や事務所などの電気、ガス、水道代

保険料

ほけんりょう

建物など損害に備えた保険の料金

租税公課

そぜいこうか

税金や、国や市などの公共団体から課金されるもの

減価償却費

げんかしょうきゃくひ

固定資産の価値減少、使った分を費用化したもの。
(詳しくは決算処理の時に説明します。)

修繕費

しゅうぜんひ

有形固定資産にもともとあるべき機能を回復させたり、それを維持するための費用。

雑費

ざっぴ

勘定科目を割り振るまでもない、重要性の低い小額の費用

固定資産売却損

こていしさんばいきゃくぞん

建物など固定資産を売ることにより生じた損失

 

 


費用と収益のいろいろ、これでおしまいです。
次からは「株式会社」について解説していきます。乞うご期待!

タイトルとURLをコピーしました